Proust and the Squid

読書時間 15分   あらすじ 『Proust and the Squid』(2007年)は、人間の脳がどのようにして読書を覚えたのか、その魅力的な物語を語っています。最初の筆記具の発明から、自分自身を再編成する私たちの脳の驚くべき能力まで、読書の専門家であるマリアンナ・ウルフは、人類の歴史の中で読書の驚くべき技術がどのように発展してきたかを説明しています。それは、それがどのように私たちの脳、思考、文化を変えるのか、そしてなぜ私たちの一部がそれを学ぶのに苦労しているのかということです。   だれにおすすめ?...

The Language Instinct

読書時間 18分   あらすじ 『The Language Instinct』 (1994)は、言語の起源と複雑さを徹底的に調べ、言語学と言語人類学の両方を学ぶことができます。この本では、私たちの言語への才能を調べることで、言語を学ぶ傾向が実は脳に組み込まれているということを証明しています。   だれにおすすめ? 言語学に興味のある方 ノアム・チョムスキーが有名な理由を知りたい人 子供が言葉を覚えるのが早くてびっくりしたことがある人   著者について...

How Language Works

読書時間 15分   あらすじ How Language Works (2005年)は、私たちがどのように、そしてなぜコミュニケーションをとるのかの秘密を解き明かします。言語は、人間を人間らしくする特徴の一つです。しかし、このように基本的な概念であるがゆえに、私たちは言語がどこから来ているのか、どのように進化してきたのかについて考える時間を取ることはほとんどありません。このブリンクスでは、言語の歴史と個人的な起源、そして言語が私たちの日常生活に与える様々な影響を検証しています。   だれにおすすめ?...