プロフィール写真

ごとう ひろみち

0 out of 5
0 ratings
  • パース, オーストラリア
  • http://itell-tao.com/gotohiromichi/
  • 712

    Posts

  • 78

    Comments

  • 2.3K

    Views

ハーバード大学経営学大学院卒の戸塚隆将さんも、「英語ペラペラ」「TOEIC高得点」をゴールにしてはいけないと言っている。

  ぼくは常に、日本人の英語が伸びない原因のひとつとして、英語ができるをゴールにする「間違った常識」があると指摘してきた。   ぼく以外にこの考え方を指摘する人がこれまでいなかったが、ついに現れた。   戸塚隆将(とつかたかまさ)という人物で、慶應義塾大学経済学部、ハーバード経営大学院(MBA)卒業という経歴をお持ちの方だ。   学歴にほとんど興味がないぼくでも、ハーバード大学MBAの卒業生たちが世界に与える影響が強いことは知っている。   戸塚氏は最近、「世界で活躍する日本人エリートのシンプル英語勉強法」という著書を出版している。ぼくはオーストラリアにいるため、まだ本書を手に取っていないが、彼のブログの中で彼の考え方が記されている。   以下、ブログより転載。 本書では、ビジネスパーソンが目指すべき英語は「 自分の意見をしっかりと伝えること」と再定義しました。 そのためには、「結論を明確に、論理立てて、平易な英語表現を用い、堂々と自分の考えを発すること」をゴールとすべきというメッセージを込めています。 私たち日本人が英語の習得で苦労する原因の1つに、「ペラペラと流暢な英語を話すこと」「TOEICテストなどで高得点をとること」等、英語習得の目的が不明確になっていることにもあると考えています。 前者は、ネイティブスピーカーになることとほぼ同義で、生まれ変わらない限り、永遠に到達しえないゴールです。後者は、スコア重視となり、実践力の伴わない英語学習に焦点があてられ、本来のゴールを見失います。 本書を通じて、改めて、私たち日本人ビジネスパーソンが英語を身につけることの目的とゴールが、より明確になってくれればよいかと考えています。   ↑↑↑↑↑↑ これを読めば、戸塚氏の考え方とぼくの考え方がよく似ていることが分かると思う。   戸塚氏とぼくの共通点はこれだけではない。   戸塚氏は、ハーバードMBA教材で学ぶ短期集中型実践ビジネス英語プログラムVERITASを展開している。ぼくも iTELLian Academy と iTELLian Courseという英語プログラムを展開している。   そして、戸塚氏も、ぼくも、会社の代表取締役社長である。   なんだか、色々共通点があるので、ぼくは早速、戸塚氏にコンタクトを試みた。どんな返事があるか分からないが、日本人の英語を変えることを目的とした対談やコラボをしていければと思う。   次世代の英語教育改革者のコラボが実現できるように、皆様の応援よろしくお願いします。   ごとうひろみち   追伸:いや~、これまで「英語ができる」を目指すなと意見を述べる人がいなかったので、何だか嬉しいですね。三顧の礼を尽くして、関係性を築いていければと思います。  

read more

医学部卒業のために、SMART勉強法を実行することにした

今年は医学部最後の年で、できれば留年せずに西オーストラリア大学・医学部を無事卒業したいと思っている。   ぼくはメルマガを通じて、自分の夢を宣言すればそれは実現する、とみんなにメッセージを送ってきた。   ということで、ぼくも夢を実現するために、iTELLian Courseで深く触れている、夢実現のための最強ツール・SMART勉強法を宣言しておこうと思う。   医学生が卒業までに裏も表も理解しておかなければいけない「60の病気・外傷」を卒業試験の1週間前までに消化するというプランである。 具体的には、 S=60の病気・外傷しか勉強しない。それぞれの病気・外傷を、(1)疫学 (2)病理学(3)臨床所見(4)検査(5)治療の5つの観点から簡潔にまとめて、その知識を筆記試験だけでなく、実技試験でも使えるレベルまで収斂していく。 M=Ankiを使い、反復によって正解率を上げていく A=卒業試験までの7か月間に60の病気・外傷の裏・表を理解することは不可能ではない。 R=医学部ガイドブックで強調されている「60の病気・外傷」の重要性、そして先に卒業していった同級生のアドバイス「60の病気・外傷を学べ」を考慮すると、卒業に直結した学習プランである。 T=すべてを卒業試験の1週間前までに消化しておく。試験までの時間は、記憶を強化する作業に専念する。   学期中はその他の課題も沢山あるため、やることを事前にしっかりと決めそれに集中することが、医学部卒業の鍵となるはずだ。   ぼくが「60の病気・外傷」に力を注ぐのは、元同級生でいまは医学部を卒業して医者になった友人のアドバイスを重要視しているからだ。 さて、始めるぞ。   https://youtu.be/dEuZglUMX4I    

read more

日本最高峰・東京大学が贈る、アカデミック英語を伸ばすオンラインコース(無料)

  科学者として成功するには、英語力が必要不可欠である。   実験に使用する機材や用品の取扱説明書は英語で書かれているし、自分の研究の方向性を決める論文は英語で書かれている。   自分の研究の結果を世の中に発信する場合も、英語で論文を執筆しなければならない。   学会に出席すると、海外の研究者と英語でコミュニケーションをとることになるので、リスニングとスピーキングの能力が必要となる。   サイエンティストの研究はとても時間がかかる作業で、毎日カタツムリがあくびをしながらノロノロ歩いているかのようなスピードでしか進まない。長期的なプロジェクトではあるものの、科学者たちには毎日やることが沢山あって、めまいがするような状態で研究を行っている。   そんな忙しい科学者たちがアカデミック英語を身に付けられるようにと、日本最高峰・東京大学が無料英語コースを開講している。   その名も、English Academia である。   対象は、 英語でのコミュニケーションに 苦手意識がある大学院生学術的な交流の輪を 国際的に広げたい大学院生研究者を目指す大学院生 となっているが、一般の方も登録すれば受講することが出来る(無料)。   現在、English Academiaには2つのコースが設けられている。   English Academia① アカデミックなコミュニケーションが交わされる研究室、学会、授業での基礎知識を学ぶことができる。 https://www.youtube.com/watch?v=TXqxp7GMZUw   English Academia② プレゼンテーションやディベート、メールや電話、就職面接など実践的かつ発展的な英語表現を学ぶことができる。 https://www.youtube.com/watch?v=JiA5RsQ5Mg8   コースを終わらせると、東京大学から修了証書がもらえる。日本最高峰・東京大学から単位を取得できた気分になれる。修了証明書をあなたの履歴書に中に書いておくというのも、決して悪い選択ではないと思う。    

read more

オーストラリアの医学生が夏休みに書いた、神経科研修のエッセー

ごとうひろみちの許可を得て、ブログ記事を「高校中退から豪州医学部へ」から転載。   オーストラリアの医学生が夏休みに書いた、神経科研修のエッセー   過去の記事『オーストラリア医学部の最終学年が始まる前にやらなければいけないこと』でも触れましたが、オーストラリアの医学生は最終学年を始める前に、Elective Placementというユニットをパスしなければいけない。   ぼくは当初、iPS細胞と脳神経科に興味があったこともあり、慶応義塾大学と京都大学の大学病院の神経科で研修することを考えていた。しかし、提携大学の生徒しか受け入れていないと、ぼくは門前払いされてしまった。それでも、うちの大学(西オーストラリア大学)の医学部に提携してもらうように動いたのだが、結局時間切れで、地元の病院であるSir Charles Gardiner Hospitalの神経科のAllan Kermode先生のもとで研修を受けることになった。   1年間も医学部を休学していたせいで、毎日が大変だった。とにかく、医療チームに貢献しようとしても、何もできないのだ!!医学生としてのぼくの能力と知識は、神経科チームの役には役に立たなかった。採血やカニューレなどのチャンスがあれば、率先的に手を挙げてやらせてもらったのだが、それ以外は、お医者さんの診断や治療の話に、うんうんと耳を傾けるぐらいだった。そして、その情報のほとんどが、右から左へと流れていった。音もたてずに。それでも、得るものも多かったのも事実である(下のエッセーで触れています)。   Elective Placementは、エッセーの内容でパスか、そうでないかが決まる。よっぽどのこと(例えば、故意に医療ミスを起こしたとか、研修に行かなかったとか)がない限り、エッセーを1500~2000Wordsで書いて提出すれば、問題なくパスできる、はずである。   さて、そろそろ始める4年生に向けて、ふんどしを締め直さなければいけない。   ↓↓エッセーの下書きです。スペルやグラマーチェックなどの手直しを入れたら、提出します。      

read more

株式会社道(タオ)は異能vationを支援する協賛企業です。

  ぼく(ごとうひろみち)は iTELLian Academy、 iTELLian Course、 Great Courses Plus、 の3つのサービスを 株式会社道(タオ)を 通じて提供している。   このたび、 株式会社道(タオ)は 新たな一歩を踏み出した。   総務省が行っている 変な人を支援するプロジェクト 『異能vation』の 協力・協賛企業になったのだ。 (協賛企業の一覧はこちら)   一流企業が並ぶ中に 道(タオ)が何食わぬ顔でそこにいる この素晴らしき光景。   ぼくは、 異能vationを通じて 「日本人の英語教育に革命を 起こしてくれる変な人」 に出会いたいと願っている。   もし、あなたの周りに 「日本人の英語教育に革命を 起こしてくれそうな人」がいたら、   ぜひとも 異能vationに応募するよう 強く勧めてほしい。   2017年度は ぼく自身も応募しますよ! (詳しくはブログを見てね)   https://www.youtube.com/watch?v=8BS6Tur-y8A    

read more
Please wait ...

ソーシャル

バリュー

iTELLian Course

あなたの英語をネイティブにする

ブログ記事

recent post

【新機能】iTELLian Academyをさらに楽しむための新しい機能

  英語ドリームに向かって 日々前進していますか?   ごとうひろみちです。   iTELLian Academyに 新しい機能を追加しました。   あなたのプロフィールを より詳しく説明できる機能です。   ぼくは、 iTELLian Academyのブログ記事に できるだけコメントすることを 心がけています。   そうすることで、 あなたの英語ドリームの実現に すこしでもお力添えができれば と思っているからです。   それでも、 あなたのことがよくわからないと どんなコメントをすればいいのか 分からないことがよくあります。   そこで、 あなたのことをよりよく知るために ぜひともプロフィールを充実させてください。   好きなように加工して あなたを表現するプロフィールを創ってください。   そしたら、 ぼくがあなたのことを より理解できるようになり さらに良いアドバイスができるかなと思います。   以下は、ぼくのプロフィールです。   ぼくの英語力と参加しているグループ。   ぼくの好きな言葉とブログ記事。   プロフィール作成は、サイドバーの「プロフィール」⇒「設定」から行えます。 色々、試してみてくださいね。    

read more

Website

http://itell-tao.com/gotohiromichi/

Media