プロフィール写真

IKEDA Shunsuke

5 out of 5
1 Rating
  • https://plus.google.com/112388395226620349673
  • 23

    Posts

  • 21

    Comments

  • 1.5K

    Views

現実

大分久しぶりの更新です。正直今回ブログを上げようか迷いました。でもしっかり現状を知ってもらう(自分自身へ対しても)事が大事だと思い書くことに決めました。前回のブログを見て頂いた方ならわかると思いますがこの二ヶ月大学のCAPP Courceというのを受けていました。このコースを簡単に説明するとAnatomy(解剖学),Pathophysiology,Biomechanics(病理学、バイオメカニクス),OSCE(実技試験)の3つを6週間で終わらせるというなかなか大変なコースです。まあ結果的に言うと落ちました。救いのないくらい点数は足りていませんでした。一つずつ説明していきます。解剖学は午前にレクチャーを聴きそして午後からLabで実際に検体を見ながら学ぶという感じでした。日本での解剖学は国家試験に受かるための勉強という感じでしたがここではしっかり神経の走行や血管など臨床でも使えそうな深い授業でした。病理学、バイオメカはその名の通りです。OSCEは患者役の人に対し、筋力、可動域評価、動作補助、クラッチの使い方などを教えるという内容でした。 ざっと説明しましたがこんな感じです。まあこの三つに関しては日本で全てやり終えています。もちろん日本語でですが。それでも落ちたということで悔しさもありましたが情けなさ、サポートしてくれてた方への申し訳なさでいっぱいでした。 そして昨日は色々自分の中ではダメだった理由を整理していました。まあ根本的な英語力、効率の悪さなど色々出てきましたが僕が一番今必要なのは「自信」なのかなと思います。これはこっちにきてからずっと言ってます。Hiroさんは自信の種類にもよるがありすぎるのも良くないとおっしゃられていました。しかし僕にはOver confidenceくらいが丁度良いのかなと思います。友達にもShunはもっと自信を持ってとこのコースで言われてました。確かに今回に関しては色々と自信を無くしていたと思います。まあどのようにして自信を持つねんというと結局くどいほどにrepetition,repetition,repetitionだと思います。僕の大好きな言葉です。それがあればもっと自信を持てるかなと自分の中では感じています。まあまとまりなく、長くなりましたが要は留年決定ということです。留年なんて日本の大学にいた時はまじで考えたこともないことです。なんならそんなやつあほやろくらいな感じで、常にどうやって上位に入ろう見たいな感じでした。まあ実際なってみて色んな気持ちが入り乱れてますが気持ちの良いものではないです。けど将来的に考えた時に地べたにいたということが財産になると思っときます。そして人生は終わったわけではないですし、父親にも乗りかかった船やし最後までお供するわと言ってもらえました。僕は幸運にも続けることができます。大げさかもしれませんが僕にとっては結構な挫折、試練です。けど本田圭佑も神様は乗り越えられる人にしか課題を与えないと言ってたのでそうなのでしょう!そう思っときましょう。この失敗を今後笑えるように一年間しっかりパワーアップしたいと思います。自己満の長い文を最後まで読んでいただきありがとうございました。 I can accept failure, everyone fails at something. But I can't accept not trying. -Michael Jordan See ya!

Read More

Thank you for everything

G'day mate!! 皆様ご無沙汰しております。無事テストも合格し2週間程日本に帰国しておりました。この1年間の留学生活についての感想というか今の気持ちを書いたので乗せておきます。 英語と日本語ちょっとだけ内容が違います。 Finally all exams have finished and passed it !!! Which means I will be Curtin University student haha. I remember that when...

Read More

finished exams

G'day mates!! 昨日ついに、ついに全てのテストが終了しました。本当にあっというまに時間が過ぎて行きました。結果は金曜に出るのですが本当にどうなるかはわかりません。。。。。But I'm pretty sure I did the best なので後悔はありません、結果はどうあれ。。。。。いややっぱり受かりたい!!本間に!! ただ今はどうすることも出来ないので神様、仏様、おじいちゃん、おばあちゃんにお祈りしておきます。 特に書くことがないので、僕が勉強で悩んでいるときに友達がくれた言葉を紹介します。 Sometimes, you have to take a leap of faith first. The trust part comes later....

Read More

Don’t stop until it’s done

  G’day mate. 現在アサイメント祭りは続いています。本日エッセイアウトラインと1 body paragraph の結果が帰ってきました。29/35 悪くない数字ですが欲を言えばもっと欲しかったです。ただテストは続いています。振り返ってる暇はありません。次へ次へと進んでいきます。後悔はしたくありません。頑張ります。 PS Thank you Hiro for your feedback. I’ll use your strategies for my essay.   

Read More

I’ll destroy it

G'day mate! お久しぶりです。今日は愚痴っぽくなると思います。ご了承ください。先週初めから体調崩しています。熱も出たりしながら昨日、今日とバイトをこなしてきました。我ながらよく頑張ったと思います。そして今 assignment 祭りに追われています。本当に今にも脳みそが爆発しそうな感じです。そして先々週に受けたWriting のテストが金曜に帰ってきました。僕が必要なグレードAなので最低でも23/25を取らないといけないのですが僕は19/25でした。今回のに関しては結構自信があったし、自分の中でも必死に頑張ってきたつもりやったのにこの結果でした。本当に帰ってきた時はショックというか怒りというかよくわからない感情が芽生えました。フィードバックを見てもあまりネガティブな事は書いてないしほんまになんでやねん、どないしろっちゅうねんと思いました。採点者によって成績変わってくるやんけとかまあホンマに色々と思うところはありました。本当に今週はオーストラリアにきて一番あかん週やったような気がします。でも冷静になってよく考えたらみたら、周りには満点とってる子もいましたし、やっぱりその子のライティングを見たら全然違うなって感じでした。そして何より人や環境のせいにするのは一番ださいなと後で思いました。結局僕の実力、努力が足りてなかったんだなと。 まあまだ他のテストで挽回することも出来ますし終わったわけではありません。違うassignment も月曜までに提出ですしくよくよしてる暇はないです。今自分でもビックリするくらいポジティブな気持ちですし(ボスからもらった風邪薬の影響かも)、やったろう、みとけよって感じです。今僕に出来る事は早くに起きてJust do it!です。 泣いても笑ってもあと1ヶ月です。それ終わったら日本に帰れる!やったります!頑張れ俊介、負けるな俊介 ではまた Cheers!! PS ケイスケホンダが開幕戦でゴール決めましたね。彼はやっぱり化け物ですね。ええ刺激もらいました!

Read More
Please wait ...

ブログ記事

現実

Thank you for everything

finished exams

Don’t stop until it’s done

I’ll destroy it

Website

https://plus.google.com/112388395226620349673

Media