あなたの英語力をアップしてくれるYouTuberをみんなで応援しよう!

900点台取る事自体は実際楽勝だったしTOEICの点数=英語力じゃないと思うとは言うけど、やっぱりTOEICの点数が高いと「おー!」って思う人もいるからそういう人達にはまぁ自慢出来る点数だと思うからそこは素直に嬉しい。TOEIC初挑戦でTOEIC対策の勉強は全くしないで臨んだ割にはそこそこの結果だったからまぁ満足。でも俺が英語の学習で今までやってきた事を考えると逆に900点くらい取れない方がおかしいんだけどね。寧ろ満点狙ってたけど流石に満点には手が届かなかった。悔しい!でも「TOEICでどれくらい取れるんだろう?」って思ったのと、「TOEICのスコア主義の人にはもし俺がTOEICで世間一般的に言われる高得点を取れば (取れると確信してたけど) 自慢出来るじゃん」って思ったから受けただけだから、もう受けるつもりはないね。TOEICなんてのは、もちろん「TOEIC向けの勉強」とかいうのをすれば点数は取れるようになる (つまり裏を返せば英語力が無くてもTOEICで高得点を取れる方法を知っていれば高得点は取れる) とは思うんだけど、俺がまた思うのは「TOEICの点数が高いから英語力が高いとはならない」の逆でちゃんと実際に使える英語力を持ってる人は何の勉強もしなくたってTOEICなんて高得点取れるってこと。(英検やTOEFLはそうではない。英検は語彙力勝負って感じ。1級とかでは寧ろネイティブも使わないようなボキャブラリーばっか出てくるから、英検の勉強で覚えた語彙を実際の生活で使う事はまずない。英検の勉強は英検の為にしか活かせないと思う。英検の級が必要でない限りは英検勉強はほとんど無駄。TOEFLはessayの書き方や要領を掴んだ会話が出来ないと無理。これは日本語でもそういう事が出来ない人は英語でなんてさらさら出来ないと思う。リスニングは単に聞き取り能力というより理解力。英語で聞き取れるのは当たり前として、相手が言っているポイントは何なのかが分からないとだめ。リーディングは文法問題は無く、長文。その中で内容の理解力と読解力が問われる。) だからそういう人からすればTOEICの点数が高いからはしゃいでんなってこと。実際に使えるか (会話が出来るとか) は必ずしもTOEICの点数だけでは示せない。でもTOEICにもSWっていうSpeakingとWritingの力も計れるテストはある (とは言ってもサンプル問題を見た限りでは、俺も実際に受けた事あるTOEFLより遥かにレベルが低いけど) から、それも受ければLRSW総合的な英語力を計れると思う。TOEICはあくまで「コミュニケーション能力」或は「ビジネス英語力」を計れる (と言ってもTOEIC自体そんなに信頼出来る程のレベルで英語力を計れるテストとは俺は思ってないけど) テストだから、もちろんTOEFLとは性質が違うのだけれど、それでもリーディングとリスニングだけど比べてもやっぱりリーディングにおける語彙のレベルであったり長文がないことであったり、リスニングの内容や話し方であったり、TOEFLと比べるとレベルが全然低い。英語圏で暮らしてただとか (必ずしもそうでなくても俺みたいにずっと日本に住んでても英語に触れる機会が多かったとか) で英語を使う環境に居た人で普通に実際に使える英語が身に付いている人ならTOEICで高得点を取る事なんて屁でもないと思う。そしてTOEFLで高得点を取る方がよっぽど難しいし、TOEFLでの高得点はちゃんと英語力の証明にもなると思う。なんせ英語圏の大学で学生の英語力を計る基準のテストの一つにもなってるから。TOEICのスコアなんて海外ではきっとほぼ通じないよ。でも日本の (英語力が問われる) 企業に就職したいとかそういう役職に就きたいって人はTOEICのスコアは言ってみたら必須だと思うから必要な人もいるんだろうけど。そういう英語力がどうたらってなった時に、TOEICのスコア主義みたいな人や企業がいるのが馬鹿らしいと思うのよ。じゃあTOEICで910ある俺 (TOEICのサイトでデータを見たら全体の3%とか以内だった) は高い英語力が問われる企業や役職に就けるのかと。まぁもちろんどんな企業も英語力だけで人は雇わないけど、違うでしょ。

ちなみに3月17日にテストを受けた後に撮った動画。http://youtu.be/UK3E1rrZ9Lg

Spread the love