•  料金

IELTS writingの添削を受けるため、インターネットで普通のチューターを探すと、オーストラリアだと大体30ドルから40ドル。このサイトで探すと、ピンキリですが、人種、性別、年齢、バラエティーに飛んだ先生から選べます。授業料も先生たちの居住国やキャリアにより様々です。生徒さんによるレビューが見られるので、予算内の授業料で良いレビューが多い人を何人かピックし、サンプルの動画などをみて英語が聞き取りやすいイギリス英語の先生を選びました。(インドやフィリピンの先生は安いのですが、アクセントがきつく聞き取りづらかった。)

 

10回パックなどまとめ買いをすると値引きになるようです。最初は1回だけばらで授業を受けて、いけそうだなという感触があったので、USD2010回パックを購入し、一回あたりUSD16.7 で受けています。支払いはカードかpaypal 。授業が終わるたびに授業を受けましたというconfirm と授業の評価を生徒がした段階で、先生の方にお金が入るシステムの様です。相性がよくないのであれば、次回から予約せずに、他のtutorに切り替えることもできます。マージンは授業料に含まれているのでしょうか。システムの利用料などは特にありませんでした。

  • 教材

一回の授業は1時間で、教材は私の先生の場合はIdiomのリスト、最近 IELTSで出題されたSpeakingの過去問、writingの書き方のHow to の説明などなど、たっぷりと提供してくれます。持ち込みでやるとどういう感じの運びになるかわかりませんが、IELTSの手持ちの教材をネタにして書いたWRITINGでも添削していただいています。 授業の前に送っておけば無料で添削していただいて返送してくれます。時間内に少し解説をしていただける場合もあります

  • 先生

’’IELTSの指導できる能力がある先生’’を検索して、‘’数年後にGAMSATのエッセイwritingを見越してIELTSで基礎固め‘’ というこちらの学習プランで指導できるかという質問を、何人かの先生にシステム内のメッセージで問い合わせました 。今の先生は実際のIELTSの試験官で、ケンブリッジ英検や、IELTS, general英会話と幅広く指導していて経験も豊富で、GAMSATのエッセイも指導可能ですという返事をいただけたのでトライアルを受けて決めました。沖縄出身の日本人の生徒さんも私の他にもう一人いるみたいです 。明るいおばちゃんで、「私はあなたにスコア9を取らせる以外の 授業をする意味はないとお思う 。」などと気を吐いて、葉っぱをかけてくれたりもします。

 

彼女は年金生活者で子供達も自立しているので、パートナーと共に生活費を抑えるためにブルガリアに移住したそう。その為か、質の割に若干お得な授業料を提示してくれている気がします。ブルガリアの物価の安さ、特に住宅の安さについて、ブルガリアの生活のしやすさについて話してくれます。イギリスの年金生活はかつかつだけれど、ブルガリアだと望んだ生活の質が得られるということでした。 社会主義国だから、私なんかは政情不安が気にかかるのですが、日本人が物価の安いマレーシアやインドネシアに移住する感覚なのでしょうか。ブルガリア生活が痛くお気に召している様で、医学部に行きたいならブルガリアの医学部もあるよ!とブルガリア押し。ググって見ると、英語で医学が受講できる大学もあるみたいでした。

  • 内容

授業はスカイプを通して行われます。私の場合はspeaking中心で、先生が用意してくれる過去問をネタに1時間part1,2,3と数セットやっていただき、その都度 グラマーのエラーを指摘していただいています。1時間に2、3セットできて、そろそろお腹いっぱいだなという時点でタイムアップになります。そのうち1回の授業はまるまるIELTStask2の書き方について講義を受けました。システマティックでとても参考になりました。スピーキングは毎回自己紹介からやっているので導入部に関してはこなれてきたように思います。複数形や人称にあった動詞の形を頻繁に間違え、非ネイティブならではの変な言い回しをしてしまう、苦手なトピック(写真とかアートとかステイタスについてなど)になると話すことが何も出てこないことや、使うと点が稼げるidiomsがなかなか使えないことなどは課題です。それぞれのパートについて、どのくらい喋ればいいのかの時間感覚が体感としてわかるようになるのは良いです。

 

 

Ø  Writingを見てもらうことが本来の目的だったのですが、過去にプレゼンで死亡したトラウマを克服するためにも! speakingをちゃんと見てもらえる良い機会だと思っています。

Ø  IELTSの過去問をやる際に,speakingwritingなどの出力系は、独学もいいのですがフィードバックがあったほうがさらにいいと思う。

Ø  期待した以外の効果としては、週に一回完全な英語勉強モードにしていただけること。私のように何らかの理由で脳が弛緩してしまっている人や、英語とかけ離れた忙しい日常を送っていて切り替えが必要な人は、 定期的に引き締めモードにしてくれるペースメーカーになってくれるので、その点でもお勧めできます。

 

 

以上、この様なサイトもありますよということで。日本でも似た様なサービスあるのでしょうかね。DMMの英会話とかは名前だけ聞くのですが、日本のサービスだと、国外利用がブロックされていたりすることがありますから…。何か他にオススメのサービスがあれば教えてください。

 

Spread the love