ごとうひろみちの許可のもと、
ブログ「高校中退から豪州医学部へ」より
今回の記事を転載(元記事はこちら)。

 

【隠さず暴露】オーストラリアのインターン医師の給料はいくら?

 

えー、下世話な話ですが、とても大事な話をします。それは、お金です。

 

前回の記事で、オーストラリアでインターン医師になるための応募方法を読んだ読者から「インターン医師の給料はいくらですか?」という質問があったので、隠さずお答えします。

 

オーストラリアのインターン医師は公募であるため、給料が公開されています(現在の正確な年俸を知りたい方は、こちらのサイトから WA intern で検索すると最新の情報が出てきます)。オーストラリアの州によって給料は変動しますが、今年の西オーストラリアのインターン医師の年俸は $77,319 (税抜き前)です。これプラス、$5,742 ぐらいの引っ越し費用などが追加されるので、合計で$83,061 になると思います。

 

つまり、月給は$7,000弱になります。週80時間働いたとして、月に約350時間。時給にすると、20ドル弱です。

 

スーパーマーケット・コールズの荷物運びの友人が時給25ドルと言っていたので、インターン医師の給料は決して高いわけではありません。

 

・・・

 

お金の話から逸れますが、それ以上に大事なことに触れます。オーストラリアでインターン医師になる人は、絶対に忘れてはいけないことです。

 

それは、インターンの1年を失敗すると、医師としての道が閉ざされるということです。それも永遠に

 

医学部であれば留年しても次の年に頑張れば、進級または卒業することが出来ます。つまり、セカンドチャンスが残されているわけです。しかし、インターン医師は、インターン修了の条件をクリアできないと、医師として次のステップに進むことができません。

 

過去の記事「【医学部卒業後のインターンシップ申請】申請方法の全貌」でも触れましたが、インターン医師に2回なることは出来ません。つまり、インターン医師として失敗してしまった人は、医者としての就職先を失ってしまうということです。

 

コネがある人はどうにかなるのかもしれませんが、オーストラリアの医者の仕事は公募で選ばれるため、インターン医師として失敗した人は裏口のルートでしか医者の仕事を続けることが出来なくなってしまいます。よって、ほとんどの人にとって、インターン医師は、ファーストチャンスであると同時にラストチャンスなのです。

 

おぉ、ハイリスク、インターン医師。

 

それでもインターン医師になって、ぼくの夢である「温かい医者になる」を実現するために必要なことをやり続けていきますので、影からこそっと応援していただけたら嬉しいです。

 

 

×

E-mail Preview :

Would you please buy this awesome piece for me dear? :)

SHOP NOW

Options & Settings