こんにちは。クリスマスシーズンかつ夏で、スコールやかんかん照りやらでなんだか落ち着きませんが。入試のワークショップに参加してきました。

 

UMATが来年から変わるそうで、時間も短縮されて2時間。傾向はイギリスの医学部入試の UKCATidentical だそうです。解答時間が短くて傾向が決まっているので、しっかり対策した方が断然に有利だということでした。

 

カテゴリー的には、5つに分けられて、最初の2問は英語の中くらいの文を読みますが、その解き方の解説を聞いて、リーディングもevidence basedな訳なのね、とちょっとユウリカな瞬間が経験できたのでその一点で収穫ありです。

 

evidence basedの態度で医学に取り組む人を選抜すると、医師になってからの予後が良いという研究結果があるそうで、その研究結果に基づいて試験も設計されているのでしょう。

 

Writingに関しては、1年生の時に、レフェランス!レファランス!ととにかく口すっぱく言われるので、流石にやるようになりました(でないとアサインメントを落とす)が、リーディングに関しても書いていないことや否定されている選択肢はばつということです。つまり、長文の形でエビデンスがその場で与えられ、そこからわかることを答えろと。アイエルツ等試験でもこういう設問は当たり前ですかね。日本の国語のマーク試験と、のりは一緒です。書かれていることだけを答えるというやつ。

 

文を一個一個トピックスに分けて、じっくり読んでいけさえすれば流石に正当はわかるだろうと頭ではわかりますが。日本の国語で苦戦していた私のようなものには、外国であることと相まって、難易度は依然として高いのでした。

 

日本だと数学が強いと医学部に入りやすかったりすると思ったのですが、UCATには理科はおろか、数学もなく、簡単な中学入試のような算数が1セクションあるだけで、国が違うと、医師にもとめられる能力も違うものだなと感じます。

 

なので、中学入試を経て国語や算数をマスターした英語が得意な中高生なら、日本人であったとしても、中学生ぐらいから高得点が取れちゃいそうな気もします。セクション3が算数のようなやつで4は知能検査の記号問題、5は医療倫理でした。

 

この試験から医学部が求めている人材像は、「エビデンスに基づいて考察でき、簡単な算数ができる、パターン認知能が高い、倫理感のある人」ということになります。

 

学卒の試験だと、このevidence basedのところに、もう少しサイエンティフィックな要素が求められるのと、ライティングがあるので、そっちのスキルもいるのでしょう。こっちだとごとうさんのようなクリティックかつエビデンスベースドに英語論文が読めて書ける、元サイエンティストやそのような資質を持つ方求めていると思われます。

 

Spread the love