【続】オーストラリア政府の学生補助金Austudyの申請が拒否されたら

 

過去の記事『オーストラリア政府の学生補助金Austudyの申請が拒否されたら』にて、Austudyの申請が拒否されてもあきらめずに行動すれば、Austudyを受け取れるということを書いた。

 

この記事に詳しく書いたように、ぼくは直接電話をしてAppealをした。その次の日に、CentrelinkからAustudyが認可されたことをお伝えした。

 

 

これで、ハッピーエンド、のはずだった。

 

ハッピーエンド、のはずだった

 

Your Austudy claim has been approved from 06 january 2018. という文章に違和感を覚えていたが、ぼくは医学部からの手紙を読むように、と電話越しで強調したので、大丈夫だろうと思っていた。

 

しかし・・・

 

Austudy認可の手紙を読んでみると、てめー、ふざけんな!としか言うことができなかった。

 

 

Centrelinkからのレターによれば、

  • Austudyは2018年3月から支払われる
  • 3月より前には払えない。$10,900以上の資金が銀行口座にあるから。

と書かれている。

 

はぁ?まじでふざけんなよ!

 

そもそも、ぼくがAustudyのAppealをしたのは、ぼくは2017年の12月から医学部を再開していたにも関わらず、学校開始までに13週間以上空いているとかいうわけのわからないことを理由に、Centrelinkが申請却下したことに不服を申し立てたからである。

 

2017年の12月から勉強を再開していたことを示す手紙を読んでいれば、Austudyは最低でも2017年の12月から支払うという決断をしなければならないはずだ。

 

3月という部分も不明瞭だ。同じ手紙の中に、Austudyの支払い開始日が、

  • 3月5日
  • 3月12日
  • 3月26日

と3つも書いている。Regular paymentがなぜ3月5日ではなく26日からなのか、その説明も無い。

 

この他にも

 

てめー、と思った部分がある。

 

$10,900以上の資金が銀行口座にあるからAustudyが受け取れないだと?

 

ぼくの医学部の年間授業料は$10,500がかかっとうたい。Centrelinkの条件によれば、医学生は$400以上の余剰金を持っとたらいかんことになるっつぇ。まじで、自分の言っとうことが分かっとうとか?👈怒ると博多弁になるったい。

 

$10,900の条件はこじつけにすらなっていない。なぜなら、ぼくが医学部に入ったときには、$10,900×4以上(4年間分)の預金が入っていたからだ!!

 

再び、Austudyの審査結果にAppeal

 

次の日、ぼくはCentrelinkオフィスに出向いて、2度目のAppealを行なった。Appealの手続きを担当してくれた女性も(Appealの審査官はクインーズランドにいるらしい)、ぼくの申請内容とAustudyの認可内容を照らし合わせて、

 

「あなたが不服を申し立てるAustudyは、まるであなたの提出した書類を全く読んでいないかのような審査結果ね」

 

と慈悲深い目で、ぼくを見た。

 

オフィスに出向いた後日、過去の記事でも紹介した電話番号、Youth and Students 132 490に電話をし、Appealを早急に行うように不服を申し立てた。

 

それから数日が経つが、まだCentrelinkからの連絡はない。

 

なにが起ころうとも、税金を払っているぼくは、自分の権利を守ろうと思う。お役所のずさんな仕事ぶりの犠牲になるつもりは毛頭ない。ぼく個人の生活がどうなろうとも全く気にもならない人たちだ。おれは、そんな人たちを相手に、自分の人生のために戦うぜ。

 

怒ったら負けとか言う極論主義者もいるけど、怒らなければいけないときに怒れない大人にならないようにしようとぼくは思う。

 

怒る人たちの動画を見て、エネルギーを昇華中・・・

 

 

前の記事オーストラリアの医学生が夏休みに書いた、神経科研修のエッセー
次の記事ビットコインのバブルが弾け始めたので、デジタル貨幣に投資を始めるオーストラリアの医学生
『高校中退⇒豪州で医者』をいつも読んでいただき誠にありがとうございます。著者・ごとうひろみちに興味を持ってくれたあなたのために、詳しい自己紹介を←ここでしていますので、どうぞご覧ください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください