衝撃映像、顔赤らめながら公開

 

ぼくはオーストラリアで医者の仕事をしながら、実は、日本政府の総務省が行っている異能vationに協賛企業として参加するという別の顔も持っている。ぼくの会社は「日本人の英語をネイティブにする」ことをゴールにビジネスを展開している。

 

99%の日本人が英語試験の点数を上げることに躍起になっているなか、ぼくは15年近くにわたって民間の英語試験の点数を上げても英語で夢を叶えることはできませんよ、と警鐘を鳴らし続けている。

 

現状を批判するアプローチだけではつまらないので、現状を打破し「日本人の英語をネイティブにする」アイデアに賞を授与する活動も行っている。

 

ところで、ジェネレーションアワードの企業特別賞のなかに、SPELL MASTER スペルマスター : 「英語学習」を「魔法学習」へ変える魔法陣 というものがあったのを、あなたは気づいただろうか?

 

 

ぼくはこの作品を見たときに、その可能性に一目惚れしてしまった。ちなみに、授賞理由はこう書いている。

SPELL MASTER スペルマスター : 「英語学習」を「魔法学習」へ変える魔法陣 は、子供たちが生来的に持つ冒険心と夢見る心を育みながら、日本人(英語ノンネイティブ)でも英語を使って自分の夢を実現できるのだと信じられる大人へと成長させる可能性を秘めた、まだ世に出ていない魔術師的ツール。

子供たちが英語に持つ感情を大きく変えてくれる、と直感したのだ。

 

 

現在のところ商品化には至っていないが、ぼくは何かを生み出そうとしている若い人に何かしらの支援をしようと思い、この度僭越ながら異能vationのジェネレーションアワードの企業特別賞を通じて、「日本人の英語をネイティブにする賞 – iTELLian Award」を授与させていただいた。

ほぼ100%の参加者がスーツ姿で出席する中、ぼくだけが医者のコスプレをして授賞式に参加するという衝撃映像がこちら(実際医者だけど、オーストラリアでは白衣を着る医者はほとんどいません)。来年は、ナースにしてみようかなぁ。

見出し画像

 

授賞式が開催されている間、共同受賞者のわたなべきよたか君(中央)と色々お話をさせていただいた。また、右端の上田学さん(超、気さく)とも知り合いになり、日本人の英語をアップデートするためのアイデアを議論させていただいた。

 

ちなみに、共同受賞者のわたなべきよたか君の背後にある「異能vation」は、書家師範・石川溪雨さんが潤筆したもの。少しだけお話をさせていただいたが、興味深い研究をされている面白い方だった。

書家師範・石川溪雨

出典:異能vation

 

話をしてみたい人がもっといたが、イベントそのものの時間がどうしても足りないのと、異能な方たちはもっと時間が無いのか、異能vationの会場をさっさと退場されていた。来年は、Yes!で同じみの高須克彌先生にご挨拶したい。

 

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here