著書第8弾『ウルルん・ツアーガイド日記』

 

陽の当たり方によって

濃淡がはっきりと変わる

鉄を含んで赤みを帯びた砂岩

 

枯れ草、枯れ木の

あいだをニョロニョロ

猛毒キングブラウン

 

カタジュタの散歩道に立ちはだかる

世界で2番目に大きいトカゲ

ペレンティ

 

 

滅多に見ることができない

でも観光客には人気がない

雨に濡れたエアーズロック

 

文化的な理由から

ウルルの登山はしないで

と入口には書かれている。

 

登山口が開くと

そんなことも気にせず

我先に登っていく新婚さん

 

同僚のイタリア人から

日本人は文化的リスペクトが無いね

と冷笑される

 

休みの日は

あの娘をデートに誘って

芝生の上でギターと歌

 

夕方になると

誰もいない赤いロードを

ケツメイシの音楽を聴きながら走る

 

砂丘の上の椅子に座って

落ちていく夕日を眺め

ウルルとカタジュタに感謝

 

 

前の記事著書第7弾『豪州永住権の手引き』
次の記事What will your verse be?
『高校中退⇒豪州で医者』をいつも読んでいただき誠にありがとうございます。著者・ごとうひろみちに興味を持ってくれたあなたのために、詳しい自己紹介を←ここでしていますので、どうぞご覧ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here