著書第6弾『豪州医学部受験必勝法』

 

オーストラリアで医者になる

そう心に刻み込んだのは

福島震災後のボランティアだった。

 

津波が無造作に積み上げた

瓦礫の下から漂ってくる

生き物の腐乱臭

 

蓋が空いたように

半分が宙に浮いている

鉄筋のビニールハウス

 

畳の上に座って

恥ずかしそうな笑顔を見せる

全裸の若い女性の写真

 

助けようとして

伸ばした手が届かずに

津波に飲み込まれていった奥様

 

自然はいまだに

ぼくの心に安らぎと怒りを

アンビバレンスを与える

 

オーストラリアの医学部

受験した日本人の話は見つからず

ぼくは独りで対策を練り始めた

 

受験会場に

ぼくの座るはずの椅子が

無かった共通一次試験

 

言いたいことも言えず

あまりにも情けなくて

泣きそうになった2次面接

 

3回受験して

3回合格した医学部

はやく医者になれ?

 

 

前の記事著書第5弾『サイエンティストのお仕事』
次の記事著書第7弾『豪州永住権の手引き』
『高校中退⇒豪州で医者』をいつも読んでいただき誠にありがとうございます。著者・ごとうひろみちに興味を持ってくれたあなたのために、詳しい自己紹介を←ここでしていますので、どうぞご覧ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here