オーストラリアの医学生が見たへき地ブルームの週末マーケット

 

ぼくの土曜日は、

7時起床で始まった。

 

毎週土曜日に行われている

ブルーム・マーケットに行くためだ。

 

マーケットは地方裁判所の敷地内で行われ、

ブルーム名物の真珠だけでなく、

キンバリー特有な植物の実、

現地のアーティストの絵画などが盛んに売られていた。

日本の方が出しているお店もあった。

 

ぼくは、

マーケットをゆっくりとしたペースで歩きながら、

並べられている商品を眺めた。

 

珍しい真珠の首飾りや美しい絵葉書などを買うこともあったが、

毎週掘り出し物があるわけではなかった。

 

それでも、

毎週土曜日、

ぼくはマーケットで

「80セント・ドーナツ」を買って帰った。

 

ブルームの隠れ名物と呼ばれている。

 

特別なドーナツではない。

ただのドーナツだ。普通に美味しい。

 

特別である必要はない、

普通が似合う、ブルームならではの味だ。

 

ぼくの毎週土曜日は、

普通に美味しいドーナツで始まりを告げた。

 

 

前の記事オーストラリアの医学生がへき地のGibb River Roadを旅した話
次の記事オーストラリアの医学生がへき地で受ける「小児科」の教育
『高校中退⇒豪州で医者』をいつも読んでいただき誠にありがとうございます。著者・ごとうひろみちに興味を持ってくれたあなたのために、詳しい自己紹介を←ここでしていますので、どうぞご覧ください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください