オーストラリアの医学生がへき地で出会った先住民の話

 

ブルームにいるRCS(Rural Clinical School)の同級生たちと一緒に、

映画『Bran Nue Dae』を観た。

 

オーストラリアの先住民である

アボリジニーの少年が主人公の映画である。

 

話のあらすじは、

ブルーム出身の少年が

地元の女の子に恋をして、

聖職者になるために通っていたパースの学校から脱出し、

彼女に会うためにブルームまで旅をする話である。

 

 

ブルームのケーブル・ビーチ、ローバックホテル、

今年(2016年)で開業100年目を迎える

サン・ピクチャーズ映画館などが登場し、

普段生活している風景が映画の中に出てくる。

 

また、臨床の50%近くはアボリジナルの患者さんなので、

とても感情移入しやすい映画だった。

 

出典:mojowire.net.au

 

オーストラリアの映画の代表作のひとつに数えられても

遜色のないコメディ映画かもしれません。

 

ぼくはブルームで、

この映画のもとになった

Bran Nue Dae のミュージカル・コンポーザーである

Jimmy Chi さんと実際にお話をさせてもらった。

 

日本人の血が流れていることを

誇りに思っていると言われていた。

 

 

前の記事オーストラリアの医学生がへき地で一緒に生活する同級生
次の記事オーストラリアの医学生がへき地の新聞の一面を飾った話
『高校中退⇒豪州で医者』をいつも読んでいただき誠にありがとうございます。著者・ごとうひろみちに興味を持ってくれたあなたのために、詳しい自己紹介を←ここでしていますので、どうぞご覧ください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください