オーストラリアで医療に従事するために必要な手続き(3) WA Criminal Recording Screening Clearance

 

ぼくは2014年からオーストラリアで医学生をしている。

 

昨年(2017年)は、医学部を休学し、日本でやりたかったことに全力を尽くした。大変だったが、自分でも70点ぐらいの点数を上げてもいいと思う。

 

今年(2018年)は、医学部の最終学年である。つまり、留年しなければ医学部を卒業し、「オーストラリで温かい医者になる」というぼくの夢のスタートラインに立つことになる。留年の可能性は十分あるけど(休学中は一切勉強しなかった)。

 

医学部に復学し、病院などで臨床研修するにあたり、医学生がクリアしなければならない必須条件がある。この条件は、医学部に合格し、晴れて医学生になったときと同じものでもあるので、ここで紹介しておこうと思う。(注意:これは西オーストラリア州の条件です。他州の場合は異なることもありますので留意ください)

 

基本的には、犯罪歴に関するものと、感染症歴に関するものである。

 

犯罪歴

  • Working with Children Check
  • National Police Check
  • WA Criminal Recording Screening Clearance

 

感染症

  • Blood test (Hepatitis B&C, HIV, MMR, Varicella, Tuberculosis, Pertussis)
  • MRSA screening (swabs of throat, nose, finger webs)

 

今回説明するものは、WA Criminal Recording Screening Clearanceである。

 

1
2
前の記事オーストラリアで医療に従事するために必要な手続き(2) National Police Check
次の記事オーストラリアで医療に従事するために必要な手続き(4) Infection Control
『高校中退⇒豪州で医者』をいつも読んでいただき誠にありがとうございます。著者・ごとうひろみちに興味を持ってくれたあなたのために、詳しい自己紹介を←ここでしていますので、どうぞご覧ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here