「日本人の英語力の向上に一番貢献した人」は誰ですか?

 

あなたが考える

日本人の英語力の向上に一番貢献した人」は

誰ですか?

 

<新たな試み>

1年間で

日本人の英語力向上に一番貢献した人に、

iTELLian Award 

贈ることを計画しています

(予定12月)。

 

<受賞メリット>

(1)初代 iTELLian Award の名誉あるアワード
(2)iTELLian Course 無料
(3)iTELLian Teacher として招待され、独自の英語オンラインコースを100%の利益還元でオープンできる
(4)オンラインコースの開設をフル・サポート
(5)ブログにて対談および特集記事

 

<現時点での有力候補>

ATSU(ブロガー)https://www.atsueigo.com/
長井悠(ハバタク社代表取締役)https://habataku.co.jp/
白川寧々(TAKTOPIA & Co. 共同創業者)https://taktopia.com/welcome/

 

<結果>

白川寧々さんに受賞の連絡をしたところ、喜んでいた様子だったのですがそのご連絡が無く受賞が取り消されました。第2候補だったATSUさんに受賞を連絡したものの返信が無く受賞が取り消されました。長井さんは白川さんのビジネスパートナーに当たる人なので、こちらに賞を出すのも控えさせていただきました。辞退される場合は連絡をいただけると助かるのですが、世の中には色々な人がいるということを学べた2016年のiTELLian Awardのイベントとなりました。残念ですが、受賞者を見つけることができませんでした。

 

<これからのiTELLian Award>

iTELLian Awardは今後、総務省が行っている異能vationジェネレーションアワードを通じて受賞者を決めていくことになりました。「日本人の英語を変えるアイデア」を持っているという方は、こちらに応募してくださいますようお願い申し上げます。

 

 

前の記事オーストラリアの医学生が小型セスナ機に乗って「空飛ぶ医学生」になった話
次の記事2016年熊本地震を受けてオーストラリアの医学生がやっていること
『高校中退⇒豪州で医者』をいつも読んでいただき誠にありがとうございます。著者・ごとうひろみちに興味を持ってくれたあなたのために、詳しい自己紹介を←ここでしていますので、どうぞご覧ください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください