異能vation、2019年度の応募が開始。さらに進化。

ごとうひろみちです。

ぼくは、日本の高校を中退して色々ブラブラした後オーストラリアで医者になったという一風変わった経歴(詳しくはアマゾン書籍をどうぞ)を持っていますが、その他にももうひとつの顔があります。

それは、総務省が行っている、一風変わった人を応援するプロジェクト「異能vation」の協賛企業という顔です。

ぼく自身変わった人生を送ってきたせいか、レールをはみ出てることを恐れない人を応援したいという気持ちが、ぼくの心の中に尋常じゃないぐらい溢れています。

異能vationは、ぼくのこの気持ちを汲み取ってくれる素晴らしいプロジェクトです。今年も、一風変わった人を応援するプロジェクト「異能vation」の双頭「破壊的な挑戦部門」「ジェネレーションアワード部門」の応募受付がスタートされました。

変な人、集まれ!そこの君、ちょっと変だね。どう、寄ってかない?

ちなみに、ぼくも審査に関わる「ジェネレーションアワード部門」は、アイデアのみで応募することが出来ます(例えば、「どこでもドアがあればいいな」みたいな)。

ぼくは異能vationを通じて、色々な変な人に出会いたいと思っています。そして、「日本人の英語をネイティブにする運動」に大きな貢献をしてくれる人材を探し出し、賞金と企業タイアップを提供していければと考えています。

英語教育だけでなく、どんな分野でも「変な人」には興味を惹かれるので、「我こそ、変人なり。私こそ奇人なり。」という人はぜひとも異能vationに応募してください。

異能vationがさらに進化

2019年度、異能vationプログラムが更に進化する!

異能vationプログラムの地球規模の展開を見据え、Facebookの元CTOであり、世界最大級の知識共有プラットフォーム「Quora」の創業者兼CTOのアダム・ディアンジェロ氏を、新たなプログラムアドバイザーとして迎えている。

これから世界に向けての発信など「Quora」と連携していく予定だという。また、異能プレスクールやグランドチャレンジなど、新しい取り組みがスタートし、協力協賛企業と応募者がさらに連携できる内容になる。

▼今年度の概要
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
応募期間
2019年6月3日(月)から7月31日(水)18:00まで

募集概要
情報通信技術分野において破壊的な地球規模の価値創造を生み出すために、大いなる可能性がある奇想天外でアンビシャスな技術課題への挑戦を支援(1年間 300万円上限)する「破壊的な挑戦部門」。情報通信技術分野における、未来がより良くなるような、ちょっとした独自のアイディア・自分でも一番良い使い方が分からないけれど、こだわりの尖った技術やモノ・自らが発見した実現したい何か、などを表彰する「ジェネレーションアワード部門」。この二部門にて、奇想天外でアンビシャスな「人・発想・技術」を募集致します。

プログラムには、各分野のトップランナーがスーパーバイザーまたはプログラムアドバイザーとして関わりサポートを行います。新たに本年度より、異能vationプログラムの地球規模の展開を見据え、Facebookの元CTOであり、世界最大級の知識共有プラットフォーム「Quora」の創業者兼CTOのアダム・ディアンジェロ氏を、新たなプログラムアドバイザーとして迎えました。

さらに、今年度は日本全国の「異能」を発掘、育成、支援を目的とした「プレ異能vation」を試行的に開始します。地域の独創的な人が集うプレスクールを募り、さまざまなテーマや課題に挑戦するグランドチャレンジに取り組みます。こちらの情報は公式サイトにて後日公開してまいりますので、今しばらくお待ち下さいませ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本プログラムの情報に関しては下記のサイトやSNSで随時発信しておりますので、
各SNSのフォロー、投稿のシェアなどしていただけますと幸いです。

「異能vation」公式サイト:https://www.inno.go.jp/
Twitter:https://twitter.com/inno_project
Facebook:https://www.facebook.com/innovationproject/
Instagram:https://www.instagram.com/inno_project/
YouTube:https://www.youtube.com/innoproject/

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here