異能vation、の最終選考を勝ち残った人が書いているブログが面白い

 

異能vationの最終選考を通過した方のブログが面白かったので紹介。

 

ぼくが紹介するのは、瀬尾 拡史(せお ひろふみ)さん。『-ズバッと!東大な日々。-』というブログをやっている。

 

彼のプロフィール等はWikipediaを参照してもらいたいが、彼が第1回目の異能vationを受賞したときの研究テーマの名前がまず面白い。瀬尾さんのタイトルは、

 

「サイエンスを、正しく、楽しく。」でサイエンス、特に医療の世界を良くしたいです。

 

というもの。ほかの受賞者たちが「~の実現」とか「~の開発」などのタイトルを付ける中、瀬尾さんは、良くしたいです。って。句点で終わってる。素晴らしい。笑いました。

 

彼がやっていることは、いずれぼくが医者として利用するものだと思うので、注目していきたいです。

 

 

 

瀬尾さんは、異能vationの受賞者として感じたこと・分かったことをブログに書いています。異能vationのことを理解するうえでとてもためになります。また、異能vationを受賞した人しか語れないことを語っているので、すごく面白いです。

 

第一回目の異能vationからもう数年が過ぎたので、サポートの内容も進化しています。もしかしたら、瀬尾さんのブログを参考にして改善したのではないのかという部分もあります。

 

ちなみに、瀬尾さんは、第1回異能vationの受賞者で、現代の魔法使いと呼ばれる落合陽一さんと仲が良いようです。異能vationがきっかけで親交が深まったのかどうかわかりませんが、「面白い人」と出会えることも異能vationの魅力だと思いました。

 

「瀬尾 落合」の画像検索結果

出典:Twitter

 

瀬戸さん以外にも、AIで大喜利をすることを目指して第3回目の異能vationを受賞された竹之内 大輔(たけのうち だいすけ)さんのブログも楽しかったです。

 

竹ノ内さんは岡村隆のANNのファンのようで、スポンサーである高須克弥先生にターゲットを絞って、2次選考の戦略を立てたのは素晴らしいと思いました。ぼくも真似をしようと思います。Yes? Maybe.

 

_MG_0129_1024x683

出典:wired.jp

 

前の記事異能vation、の選考を通過するための戦略
次の記事異能vation、のスーパーバイザーを紹介します
『高校中退⇒豪州で医者』をいつも読んでいただき誠にありがとうございます。著者・ごとうひろみちに興味を持ってくれたあなたのために、詳しい自己紹介を←ここでしていますので、どうぞご覧ください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください