オーストラリアの医学生のバレンタインデーの過ごし方

 

肌に触れるそよ風がすこし肌寒く感じる、

今日この頃のパースです。

 

パースでも、

「バレンタインデーは恋人たちの日」

的な感じがあります。

 

日本のようにチョコレートを渡す

という習慣は無いのですが、

 

素敵なレストランに女性を招待して

その場でバラの花束を渡している男性を見ました。

 

照れている女性の赤くなった頬が、

ピンク色のバラと同じように震えていました。

 

ぼくはそのレストランにたまたま、

モデルのようなスタイルをした妖艶な女性と

楽しく食事をしていた、

わけではありません。

 

レストランのそばの浅橋からひとり、

釣りをしていただけです。

 

ぼくのバレンタインデーの愛の香りは、

手のひらのなかに残ったフラットヘッド(コチ類の魚)の

ぬめりだけでした。

 

釣りもほどほどに家に帰ったあと、

シェアメートのみんなにバラの花束を贈りました。

 

3人の女性と暮らしているぼくは

すこしでもいい関係を保てるように努力をしています。

 

花束は、

ホストファミリーの庭から摘んで

ホストマザーと一緒にフラワーアレンジしたものです。

 

シェアメートはとても喜んでくれて、

目をつぶってバラの香りを嗅いでいました。

 

バレンタインデーの曲で好きなのは、

Paul McCartneyのMy Valentineです。

 

 

 

映画だと、ジョアン・ハリスの小説を映画化した「ショコラ」です。

 

 

映画(DVD)はこちらからどうぞ。

 

書籍はこちら

日本語

 

英語

 

 

前の記事Sarah McLachlan のライブを観て分かった3つのこと
次の記事オーストラリアの医学部生が選ぶ3つの専門課程
『高校中退⇒豪州で医者』をいつも読んでいただき誠にありがとうございます。著者・ごとうひろみちに興味を持ってくれたあなたのために、詳しい自己紹介を←ここでしていますので、どうぞご覧ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here