オーストラリアの医学生がへき地ブルームで出会った日本人真珠ダイバー

 

先住民医療センター(BRAMS)で

出会った患者さんの中に、

日本人のTさんがいた。

 

Tさんには、

手作りのお寿司をいただいたり、

食事に誘っていただいたり、

本当によくしていただいた。

 

Tさんのお寿司は、

オーストラリアで食べたお寿司の中で

ダントツ旨かった。

 

そのほかにも、

初めて食べた真珠の帆立が

メチャクチャ旨かった!

 

食べるのに夢中で

写真を撮ることを忘れていたのですが、

こんな感じのサイズです。

 

 

Tさんが昔真珠ダイバーをしていたこともあり、

知り合いから新鮮な魚や真珠の帆立が送られてくるらしい。

 

Tさんから、

真珠ダイバーの仕事の話や、

町でけんかして刑務所に入れられた

(でも日本人の素行はよかったので、毎日外出できた)話など、

楽しい話をたくさん聞かせていただいた。

 

Tさんと奥さんに

BRAMSでのひろの評判はすこぶる良かったよ。

卒業したら、ブルームに戻ってきてね」

と言っていただいた。

深く感謝。

 

またお会いできるのを楽しみにしております。

 

ちなみに、

ブルームで遊ぶときは

綺麗な海が多いです。

 

 

出典:slwa.wa.gov.au

 

前の記事オーストラリアの医学生が住む「我が家」
次の記事2016年、オーストラリアの医学生がよく聞いた10の音楽
『高校中退⇒豪州で医者』をいつも読んでいただき誠にありがとうございます。著者・ごとうひろみちに興味を持ってくれたあなたのために、詳しい自己紹介を←ここでしていますので、どうぞご覧ください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください