打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

 

ぼくはいま、オーストラリアの医学生として Fiona Stanley Hospital腫瘍科で臨床研修をしている。

 

臨床研修以外にも、2016年にへき地ブルームで行った Service Learning の研究結果を論文にまとめる作業をしている。

 

 

色々忙しいが、息抜きも忘れてはいない。というか、息抜きばかりしている。

 

ほぼ毎日、夕方になると、ジムに行ってたるんだ体に鞭を打ち、沈んでいく太陽を眺めながらジョギングをしている。運が良ければ、カンガルーに会って、挨拶したりする。

 

 

最近、ジムとジョギング以外に、ぼくがハマっている物がある。

 

それは、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」である。

 

もともと中編映画だった「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」が、最近アニメ化されている。アニメ版をまだ見ていませんが、アニメに使われている主題歌がいいですね。

 

 

映画版「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」はとても素晴らしいです。自分の少年時代の淡くてほろ苦い恋心を思い出させてくれます。見返すたびに、作者の意図が再発見できる作品になっています。

 

ちなみに、ぼくが映画版「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を知ったきっかけは、ケツメイシの「そばにいて」という楽曲のMVだ。MVに使われているのが、映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」なのだ。いい曲だし、いいMVですね。

 

 

日本に帰ったときは、小説版「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」も読んでみようと思います。

 


アニメ版を観たい方は、こちらからどうぞ。

 


アニメのサウンドトラックは、こちら。

 


映画版のサウンドトラックも、素晴らしいです。Forever friends~~.

 

 

前の記事オーストラリアの医学部、最終学年の3発目の研修先は腫瘍科
次の記事オーストラリアの医学部、最終学年の4発目の研修先は脳神経外科
『高校中退⇒豪州で医者』をいつも読んでいただき誠にありがとうございます。著者・ごとうひろみちに興味を持ってくれたあなたのために、詳しい自己紹介を←ここでしていますので、どうぞご覧ください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください