オーストラリアの医学生がへき地のGibb River Roadを旅した話

 

医学部3年の前期と後期の休みに、

同級生たちとキャンプ旅行をした。

 

ブルームからカナナラを往復する

10日間の旅だ。

 

ぼくらは前もって

行く先や食事のメニューなどを

入念に計画した。

 

医学部生と旅をすると本当に安心だ。

 

出発は早朝で、

大学から借りたトヨタの4WDランドクルーザーに、

キャンピング用具、食料と水を乗せて旅に出た。

 

ぼくは旅行先のことをあまりリサーチせずに旅に出た。

 

どこにいくのかあまりわかっていない状態だから、

特に大きな期待も無く、

どんなところであれ十分に楽しむことができた。

 

いや、正確には、

滞在したところを十分にリサーチしていたとしても、

実際に行ってみないと感じることができない経験がたくさんあった。

 

Gibb River Roadの旅は、

ぼくが行ったオーストラリア旅行のなかでも

最高のもののひとつに挙げられる。

 

無数の写真と動画を撮ったが、

全部見るのは大変なので、

ぼくの印象に残っているシーンを少しだけシェア。

 

 

Gibb River Roadは、

どこに行っても、

素晴らしい経験ができる旅のコースだ

(現地で30年以上もキャンプしている人の話)。

 

旅行ガイドを捨てて、

赴くままに旅をしてみよう。

目的地なんて、

風吹くところにいけばいいのさ。

 

 

 

前の記事オーストラリアの医学生が見たクロコダイル・パーク
次の記事オーストラリアの医学生が見たへき地ブルームの週末マーケット
『高校中退⇒豪州で医者』をいつも読んでいただき誠にありがとうございます。著者・ごとうひろみちに興味を持ってくれたあなたのために、詳しい自己紹介を←ここでしていますので、どうぞご覧ください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください