オーストラリアの医学生が辞書について考えること

 

UniMentor(面倒見のいい上級生)の企画の一環で、

MentorとMenteeに辞書が配られた。

 

 

1年生のときは

GoogleとWikipediaに頼り切っていたが、

これからは紙の辞書も使っていこうと思う。

 

以前、

辞書のへたれ具合と語学能力は比例する

と書いたことがある。

 

果たしてこの法則は

医学の勉強にも適応されるのか。

おそらくすると思う。

 

1年生時の成績(紙の辞書、不使用)と

2年生の成績(紙の辞書、使用)を比べて、

その効果を計ってみたいと思う。

 

もちろん、これは正しい確認方法ではないが、

個人的にどうなるのか気になる。

 

(正しい確認方法は、

同学年の生徒の半分を無作為に選び出し、

紙の辞書で勉強することを促し、

残りの半分にはGoogleとWikipediaを使うことを促す。

そして成績に違いがあるかを調べる。

成績以外にも、

自分の持っている知識に

どれだけ自信があるかを調べるのもいいかも)

 

辞書がぼろぼろになったころ、

また報告します。

 

 

前の記事オーストラリアの医学生が人として成長する課外活動
次の記事Sarah McLachlan のライブを観て分かった3つのこと
『高校中退⇒豪州で医者』をいつも読んでいただき誠にありがとうございます。著者・ごとうひろみちに興味を持ってくれたあなたのために、詳しい自己紹介を←ここでしていますので、どうぞご覧ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here