阪神大震災

 

あの日から20年

 

1995年1月17日未明午前5時46分52秒、

阪神・淡路大震災が起きた。

 

あの日からちょうど

20年の月日が流れたことになる。

 

震災前後に生まれた人が

成人式を迎えたということだ。

 

関東で今後30年以内に

震度7以上の地震が起こる確率は、70%。

 

阪神・淡路大震災の時、

復旧に一番時間がかかったのが、水道。

90日かかっている。

 

関東だと、

もっと時間がかかることになるかもしれない。

(朝日新聞調べ)

 

個人、自治体で災害にいかに備えるか、

二次災害を抑える大きな焦点となる。

 

東日本大震災のボランティアに行ったときに見た地獄。

その地獄のなかで垣間見た、命の儚さと強さ。

そんな経験がぼくを医者の道へと駆り立てている。

 

命を落とされた方のご冥福を祈るとともに、

ご家族や友達をなくされた方の胸中の痛みお察しいたします。

 

 

出典:www.jiji.com

 

 

前の記事オーストラリアの医学部に通いながら翻訳の仕事もしているぼくが翻訳してみたい2つの本
次の記事Science誌が選ぶ「2014年度、科学のブレークスルー」
『高校中退⇒豪州で医者』をいつも読んでいただき誠にありがとうございます。著者・ごとうひろみちに興味を持ってくれたあなたのために、詳しい自己紹介を←ここでしていますので、どうぞご覧ください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください