オーストラリアの医学部に通いながら翻訳の仕事もしているぼくが翻訳してみたい2つの本

 

(1)She comes first.

 

ぼくは医学部で勉強するかたわら

小銭を稼ぐために翻訳の仕事をしている。

 

つまり、ぼくはプロの翻訳家でもあるのだ。

 

(給料をもらえる翻訳家という意味です)

 

ぼくが所属する会社は、

翻訳者400名以上、

利用者20,000人を超える、

論文や専門的な文書の翻訳を強みとする

ユレイタスである。

 

ぼくはユレイタスの採用審査に合格し、

医学論文を主な翻訳分野としている。

 

論文以外にも、

もし機会があれば、

翻訳してみたい本が何冊かある。

 

そのなかでも

一番最初に頭に浮かぶのが、

She Comes First: The Thinking Man’s Guide to Pleasuring a Woman by Ian Kener

である。

 

勘のいい人はすぐ分かったと思うが、

セックス本である。

 

セックスはごく自然な行為。

 

でも、自然な行為だからといって、

男女が同じように快感を共有できているかというと、

そうでないという声が多い。

 

日本人一般男性は、

ポルノビデオ以外に、

加藤鷹、アダム徳永、宋美玄などの本を読んで

知識を得ていると思う。

 

ぼくも個人的にこれらの本を読んできた。

 

ただ、なぜだか分からないが、

Kenerの本ほど恩恵を受けたものが無い。

 

その理由は、

この本が医学的に書かれていること、

そして何をどうすればいいのかということが

ステップごとで書かれているから、

とぼくは分析している。

 

Kenerの本は、

高校生・大学生の男性の性の教科書にしても

まったく遜色の無い本である。

 

ぼくがこれから医者になったとき、

性に悩める患者さんが

「パートナーとの営みがうまくいってないんです。

いい本はありませんか?」と聞かれたら、

この本をまず薦める。

 

詳しい内容は

本を買って読んでもらう以外に手段は無いが、

タイトルに著者のセックスに対する考え方が凝縮されている。

 

She Comes First。

 

ぼくが翻訳本を出すならば、

『レディ・ファースト』というタイトルにする。

 

女性にも喜んでもらいたいが

何をすればいいのかわからないという男性は

ぜひこの本を読んでほしい。

 

英語が読めない人は、

この本が日本語に翻訳されるよう

「アメリカにはすごいためになるセックスの教科書があるらしいぜ」

とつぶやいてほしい。

 

そして、みんなで出版社を動かしてほしい。

下の写真からアマゾンで購入できます。

 

書籍版

Kindle版

 

(2)Passionista.

 

ちなみに、

ぼくは読んだことはないが、

同じ著者が女性に向けた本も書いている。

 

Passionista: The Empowered Woman’s Guide to Pleasuring a Man

という本だ。

 

セックスは、男性と同じくらい、

女性にとって大事な関心事である。

 

愛する人との性行為が愛のカタチを変えることがある、

と意味深なことを言った女性の友人がいる。

 

ぜひとも、愛のカタチが

あなたにとって望むものに変えられるよう、

この本を読んでみてはいかがだろうか?

 

うえの本があまりにもすばらしい本だったので、

この本も良書なのではないかと推測している。

 

ぜひとも、女性に読んでもらいたい。

 

もし、いい本だと思った方は、

友達にも紹介してほしい。

 

日本語に翻訳すべきだと思う人は、

ぜひともつぶやいて出版社を動かしてほしい。

 

ちなみに、

ぼくはヘテロセクシャルな男性なので

この本を翻訳してみたいとは、

She comes first.に比べて

そこまで強くは感じていない。

 

しかし、

セックスに対する著者の考え方を学ぶ上でも

翻訳をしてみることもいいかもしれない。

 

下の写真からアマゾンで購入できます。

Kindle版しか売ってないみたいですね。

 

 

追伸:セックス本でベストセラーを出したいと考えている出版社の方、契約内容次第では、She Comes First: The Thinking Man’s Guide to Pleasuring a Woman by Ian Kenerぼくが翻訳者になります。ぼくでなくとも、この本を読んだおかげでセックス・ライフが改善するカップルは多いと思うので、ぜひ世直しのためにも出版社の方、翻訳本を出されては。

 

 

前の記事オーストラリアの医学生が夏休みにやっていること
次の記事阪神大震災
『高校中退⇒豪州で医者』をいつも読んでいただき誠にありがとうございます。著者・ごとうひろみちに興味を持ってくれたあなたのために、詳しい自己紹介を←ここでしていますので、どうぞご覧ください。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください