オーストラリアの医学生が休学中にやっていること→出版まで1日

 

高校を辞めたときは

ジョーブログのジョー君の

ような生き方をしようと思っていた。

 

でも

自分の人生がどうなるかなんて

自分の力だけで描けるもんじゃないんだよね

 

いろんな人に出会って

関心持ったり・持たれなかったり、

愛したり・愛されたり

 

そんなことが

不連続で無機的につながりあった延長線上に

いまの自分が「ある」だけ

 

ジョー君のように

人をハッとさせられるような

生き方はしてないけど

 

ぼくがどんな人に出会って

愛して・愛されたかがわかるような

人生を送ってきたと思う

 

そろそろ

「自分がしてもらったこと」より

「自分がしたこと」。

 

「自分がしたこと」より

「自分がやっていること」。

 

「自分がやっていること」より

「自分がやっていることにどれだけ愛を注いでいるか」。

 

「自分がやっていることにどれだけ愛を注いでいるか」と同じぐらい

「ほかの人がどれだけ愛を受け取っているか」

を大事にする自分であろうと思う。

 

前の記事オーストラリアの医学生が休学中にやっていること→出版までのカウントダウン
次の記事著書第1弾『ぼくが高校を辞めた理由』
『高校中退⇒豪州で医者』をいつも読んでいただき誠にありがとうございます。著者・ごとうひろみちに興味を持ってくれたあなたのために、詳しい自己紹介を←ここでしていますので、どうぞご覧ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here