Dream Theater、の過去のアルバムを振り返る(その1)

 

Dream Theaterの記事を書いたら、無性に彼らの音楽を聴きたくなった。

 

ということで、Dream Theaterのアルバムをひとつずつ振り返ることにした。

 

Dream Theaterの音楽を語れるほど彼らを研究しているわけではないので、アルバムが出た頃のぼくの思い出を書いてみようと思う。

 

Dream Theaterの1stアルバムは、『When Dream and Day Unite』だ。

 

 

アルバムが出たのは1989年3月。ぼくは10歳。小学校4年生だ。

 

近くのお濠でアメリカ・ザリガニを採ったり、魚釣りを一日中するような活発な少年だったが、好きだった女の子に声をかけることすらできないシャイボーイでもあった。

 

いまでは、だれが好きだったのか。クラス写真を見てみないと分からない。

 

クラス写真を手に取って見てみると、頭に甦るあの頃の思い出。甘酸っぱくて、すこし苦い。

 

もし、Afterlifeがあるのなら、好きな人に好きと伝える少年になろうと思う。

 

前の記事異能vation、の人材を見つけた
次の記事Dream Theater、の過去のアルバムを振り返る(その2)
アバター
『高校中退⇒豪州で医者』をいつも読んでいただき誠にありがとうございます。著者・ごとうひろみちに興味を持ってくれたあなたのために、詳しい自己紹介を←ここでしていますので、どうぞご覧ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here