Dream Theater、の過去のアルバムを振り返る(その2)

 

Dream Theaterの記事を書いたら、無性に彼らの音楽を聴きたくなった。

 

ということで、Dream Theaterのアルバムをひとつずつ振り返ることにした。

 

Dream Theaterの音楽を語れるほど彼らを研究しているわけではないので、アルバムが出た頃のぼくの思い出を書いてみようと思う。

 

Dream Theaterの2ndアルバムは、『Images & Words』だ。

 

 

 

このアルバムは、ローリングストーン誌が選ぶ The 100 Greatest Metal Albums of All Time に選ばれている。

 

Images and Wordsが出たのは、1992年7月7日。七夕の日だ。ぼくは13歳。チューいち(中学1年生)だ。

 

中学校の体操服の番号が、510(ごとう)だったことを憶えている。突っ込んでくれる人はいなかったが、ひとりで悦に入っていたなぁ。

 

中学校は、同級生の友だちが正門から登校する中、ぼくはよく裏門から登校していたことを思い出す。裏門を使うことは校則違反だったかもしれないが、先生たちにSurroundedされることはなかった。

 

裏門を使った理由は単純だ。裏門の方が近かったから、である。

 

「近いから 流川」の画像検索結果

出典:屯田兵の省エネ

 

前の記事Dream Theater、の過去のアルバムを振り返る(その1)
次の記事Dream Theater、の過去のアルバムを振り返る(その3)
『高校中退⇒豪州で医者』をいつも読んでいただき誠にありがとうございます。著者・ごとうひろみちに興味を持ってくれたあなたのために、詳しい自己紹介を←ここでしていますので、どうぞご覧ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here